テニス馬鹿な人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『1リットルの涙』

<<   作成日時 : 2005/11/08 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

最近見ているドラマで『1リットルの涙』というのがある。
愛知県豊橋市の木藤亜也さんが中学3年生で「脊髄小脳変性症」を発病し、手足の自由や言葉を奪われ寝たきりの生活となり、1988年、25歳でその生涯を閉じた事をドラマにしたものだ。
俺たちの周りにはなかなかこのような人たちがいない為か、この手のドラマはあまり現実味が無く、入り込めないでいたのだが、このドラマは違う。
木藤亜也さんの日記がストーリーの主体になっており、直接心に響いてくる。
もし、今は健康な家族が、親友が、知り合いが不治の病にかかってしまったら。。。。想像もできないが、このドラマはそのもしも・・を描いているのだ。

このドラマを見て思うのは、
・もし自分があと何年も生きられないとしたら、どうするんだろう。。。
・何を考え、何を思い、どんな行動をするんだろう。
・自暴自棄になるのかな〜〜?
・それとも急にいろんな事にチャレンジするようになるのかな〜。。。。。わからん(-""-;)ムム
・これまで生きてきた人生を誇れるものだったか?
・今、死んでも悔いはないか?と。。。。。。

会社の同期で死んだやつもいる。まだまだこれからの人生なのに。
彼はどんな思いで死んでいったのだろう。

人間っていつ死ぬかわからないよな。突然飛行機が落ちたり、事故に遭ったりと気をつけていても死ぬときは死ぬもんだ。
けど、そんな時これまでの人生に満足して死ねるかどうかだと思う。
また、人は自分一人では生きていけない。必ず誰かと関わって生きていくものだ。
だから死んだときに、涙を流してくれる人がどれだけいるかだと思う。

やっぱり、人って生きている間は毎日を精一杯満足できるものにしていかなければならいない。
何をやるでも精一杯!楽しんで!明るく!前向きに!
仕事も趣味も楽しくなくては結果も出ないし、満足できない。

、、、、、なんかそう考えると不思議に力がわいてくるから不思議だね〜。
やっぱ、人生明るいのが一番だな!明日もがんばろ〜!!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「脊髄小脳変性症」認める人々・認めない人々 【1リットルの涙 第5話】
やはり退院後、亜也の周りの人々の反応は変わっていた。 学校での謙遜振りや友達の親切でのプレッシャーと言う内容もありますが、ここでは家族と、病院での反応のみを重点的に取り上げます。 ...続きを見る
The Natsu Style
2005/11/09 01:28
「1リットルの涙」に涙が止まりません(;θ;)
昨日のフジテレビのドラマ「1リットルの涙」観ました? ぼくは1時間ずっと切なく辛かったです(;θ;) ...続きを見る
Thanksgiving Day
2005/11/09 02:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちわ。
今日は兄貴の近くに来てます。
なんか感動系のこと書いてますね!
僕も周りがたくさん死んでいきました。
人それぞれですがホント、どんな思いだったんだろうと
思うと苦しくなりますね。
いつ終わりがくるかなんてわからないですからね。
その時、その時を明るく、楽しく、元気よく
生きるしかないですかね。
楽しくなければ人生じゃない!
(どっかのTVのパクリになっちゃう)
それ大賛成!

2005/11/10 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
『1リットルの涙』 テニス馬鹿な人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる