テニス馬鹿な人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【テニス話】USオープンフェデラー優勝!

<<   作成日時 : 2007/09/10 08:56  

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

USオープンが今終わった。
結果フェデラーの強さが際だった試合だった。
ショット一つ一つをとってみると、ジョコビッチの方が上だったと思う。
しかし、、、結果はフェデラー

この差は何なんだろう??
試合と振り返ってみると、第一セット、ジョコビッチが0−40で3セットポイントを取っていたにも
関わらず、自らのミスで落としてしまったところで、この試合自体決着していたかもしれない。
(テニスを知っている人なら、そこで見るのをやめた人がいるかも^^;;)

なぜ、あれほどどの選手がそんな大事なところで『ミス』してしまうんだろう。

これは、僕らでも試合中に経験することだが、それとはまた質が違う。

フェデラーの試合を見たときに思うのは、決して『揺るがない』ところだ。
この揺るぎなさが相手に与えるプレッシャーはすごいものなんだろうな。。。。
その点、ジョコビッチはまだ若かったな〜。

特に、得るものも失うものも大きな彼らにとっては、我々の想像もできないプレッシャーが
かかるんだろうと思う。

そんな試合の中で、決して揺るがない相手と対戦したときに、これほどやりにくく、嫌な相手は
いない。

どの大会だったか、フェデラーと対戦した相手が皆口にしていたのが、『いつの間にか負けている』という言葉。

これは、すごいことだと思う。
プロの選手が、いつの間にか負けるか?
それほど、フェデラーはすごいってことだな。。。

あと、この試合で新たに気がついたこと。
相手がミスするときのフェデラーのショットって、一見相手にとってのチャンスボールに見えること。しかし、逆にリスクを伴うところにボールがいっているんだよな。
例えば、、サイドのショートワイド。
これは、チャンスボールでもあり、リスクもあるボール。

こんな場面が、相手の流れになろうとしているときに出てくる。
結果、ジョコビッチはこれをミスして流れを最後までつかめなかったんだけど、フェデラーは
これを狙って打っているんだろうか?
もし、狙って打ってミスを誘発させているんであれば、今のテニス界に彼を超える選手はいないだろうな。。。。すごすぎる!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
w( ̄o ̄)w オオー!久々の更新ですね。
さっき、無事に帰国しました♪
フェデラーの試合は、九寨溝シェラトンで見ました。全部は見てませんが...

第3セットの3-3か4-4でのフェデラーのサービスゲームで、15-40から長いラリーのあと、ジョコビッチがチャレンジして失敗しましたよね。あの時ジョコビッチがとってもがっかりした隙に、一気にフェデラーにポイントを連取しちゃったのを見たとき、ここまでなのかなぁって思っちゃいました。おしかったねぇ〜
ともっぴ
2007/09/12 22:58
帰国しましたか〜お疲れ!
なんか写真見るとえらいきれいなところやったみたいね。中華料理はどうやった?
ジョコビッチはまだ若かったね^^;;
来年以降が楽しみな選手ですな。
ナダルも来年大丈夫かな?膝の具合わるそうやもんね。
話は変わるけど、今年のインターNESは新人くるの?うまいのはいった?
来たか長さん
2007/09/16 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
【テニス話】USオープンフェデラー優勝! テニス馬鹿な人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる