テニス馬鹿な人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 終了〜

<<   作成日時 : 2006/06/23 06:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本のW杯が終了した。
前回の日韓大会は歓喜したが、今回は完全な不完全燃焼だ。

結局グループリーグ突破はブラジルとオーストラリアか。。

どうしてこんな大会になったんだろう。。。

いま思い起こせば、昨年辺りからDF陣に混乱の兆候はあった。
トルシエ時代のフラット3の完成度が高かっただけに、ジーコのDFラインへの
手を入れたことで、混乱していたようにも思える。

今大会への入り方もよくなかった。
特にドイツに2点取ったことで日本に心の隙ができたんじゃないだろうか?
もっと冷静に受け止めれば2点も取っていながら勝てなかったということ
がどういう事かわかったかもしれない。
(たぶん俺も含めて日本中が『良い試合だった。W杯いけるかも?』と
 おもったんじゃないだろうか?)
おまけに、加地と高原・柳沢のけが。
その流れで、、W杯前最終戦があの試合だもんね。

そして、やっぱり初戦が一番痛かった。

せめて1−1で行っておけば、、、。

日本のW杯はあそこで終わっていたのかもしれない。

そしてクロアチア戦、、、
川口のスーパーセーブはあったが、あれは勝ち試合だった。。。
岡田元監督も言っていたが、こういう点が入りそうで入らない時は
日本に流れがある。勝てる流れだ。。。。と。
柳沢のあのシュートが入っていれば、、、、。

ブラジル戦は2点差取って勝てるなんて奇跡以外の何者でもないな。
結局、1−4。やっぱりな〜。

さあ、気持ちを切り替えて次に向かおう。
次の監督はだれかな〜。
やっぱり個人で状況を打開できる選手(特にFW)の育成が必要だな〜。
けど、これって天性の物だろうね〜。

言いたいことは山ほどあるけど、、、今日はここまで。
そういえば、Yahooの記事に興味深いのがあったので紹介します。
http://wc2006.yahoo.co.jp/voice/nonfic/komatsu/at00009578.html
確かに!と納得させられますね。

日本代表お疲れ様!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終了〜 テニス馬鹿な人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる